鳥栖市 滅菌に力を入れている衛生的な歯科【くらのうえ市丸歯科】安心・安全な歯科医療/滅菌システム/佐賀 福岡 久留米

医院案内・アクセス
わたしたちの想い
インプラント
歯周病治療
予防歯科
歯並び 矯正歯科
滅菌・消毒 院内感染防止対策
スタッフ紹介
活動報告
求人情報
くらのうえ市丸歯科ブログ
お問合せMail
くらのうえ市丸歯科が、最も力を入れてることのひとつが「滅菌・消毒処理と院内感染対策」です。
歯科治療は、「歯を削って詰め物をする」という気楽さから、これらがおろそかになる傾向があります。
 
実際に、2014年5月18日の読売新聞では、約7割の歯科医院で切削器具の滅菌がなされておらず、使いまわし状態であるという衝撃的な記事が掲載されました。
当院では、歯科医療における院内感染対策宣言 を発表しました。宣言のように当院での患者様だけでなく、すべての方々に、安心して歯科治療を受けていただきたいと切望します。

歯科治療の時に出血することはよくあることです。たとえば、歯を削る時に歯茎や神経から血が出ることがよくあります。また、歯周炎やインプラント手術など外科的処置では出血を伴います。
 
歯科治療において、仮に滅菌が不十分であると、前の患者様のバイ菌やウィルスが、次の患者様に感染(院内感染)することが起こり得ます。前の患者様が肝炎やエイズであった場合、次の患者様にうつることも考えられます。
 
当院では、このような院内感染が絶対に起きないように、徹底した滅菌・消毒処理を行っています。当院の「滅菌・消毒処理と院内感染対策」を紹介します。
くらのうえ市丸歯科・歯科治療における院内感染対策宣言
滅菌・消毒処理と院内感染対策 (器材の流れ)
滅菌レベルでの器材の保管
消毒レベルでの器材の保管
診療における感染予防対策の実際
飛沫・粉塵感染防止
空気感染防止
滅菌・消毒処理 と 院内感染対策
器材滅菌の流れ
器材消毒・滅菌の流れ
最初に、使用した器材を廃棄するものと再利用するものとに分別します。
再利用するものは、薬液浸漬、超音波、界面活性剤を用いて洗浄し、水洗、乾燥後、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)にかけ、滅菌レベルで保管し使用します。
 
オートクレーブにかけられない器材は、グルタールアルデヒドを用いて薬液滅菌し、水洗、乾燥後、消毒レベルで保管し使用します。
器材の消毒・滅菌作業は、十分なスペースがある消毒室で行います。
清潔なものと不潔なものが混在しない配置になっています。
大型の超音波洗浄器で、器材についた血液等の汚れをきれいに洗浄し、乾燥します。
滅菌袋等にパッキングした後にオートクレーブにかけます。
6台(高速オートクレーブ2台)のオートクレーブがフル稼働しています。
プラスチック類のオートクレーブをかけられない器材は、ドラフトチャンバーの中で、薬液滅菌をします。チャンバーを使って有毒ガスが室内に出ないようにしています。十分に水洗した後、乾燥します。
滅菌・消毒前の器材と混同しないように、オートクレーブや薬液滅菌が終わった器材を、この場所で仕分けします。
歯を削る器材(タービン)類は、血液で汚染されることがよくあります。2台の高速オートクレーブを用いて滅菌しています。
滅菌レベルでの器材の保管
抜歯やインプラントといった外科処置に使用する器具は、処置別にセットを組んで滅菌レベルで保管します。
補充用の器具は、個別にパックして滅菌レベルで保管します。
消毒レベルでの器材の保管
一般処置の器材は、消毒レベルで保管します。
取り出すときは、直接手で取らず、清潔な直のピンセットでとります。
治療中の汚れた手を介して、他の器材が汚染されることはありません。
診療における感染予防対策の実際
相互感染のない十分な作業スペースを確保しています。
手洗い
手洗い(シンク)が、各診療室に1〜2つずつあります。
蛇口は、他に触れないようにフットペダル式になっています。
共同タオルは使用せず、ペーパータオルを使用しています。
患者様毎に、グローブを交換しています。
滅菌済の基本セット
毎回の治療で使用する器材は、滅菌した基本セットとして準備します。
トレー(2枚)、バキュームチップ(1本)、エアーシリンジ(2本)、ピンセット(直2本・曲2本)、ミラー(1本)、探針(2本)のすべてを患者様毎に滅菌しています。
治療台上基本セット
基本セットに加えて、ディスポーザブル(使い捨て)のコップとエプロンを患者様毎にご用意します。
患者様ごとのプライベートスタンド
歯を削る時に使うバーは、プライベートスタンドにセットを組み、患者様毎に滅菌します。
リーマ・ファイル プライベートスタンド
プライベートスタンド 根充セット
根の治療に用いるリーマー、ファイル、根充セットも、患者様毎に滅菌します。
薬液の取り扱いの注意
ピンセットや筆は、薬ビンには直接入れません。
薬液は患者様毎に分注し、余った場合は廃棄しています。
相互感染のないレジン
歯に詰める材料も患者様毎にパレットに出し、余ったものは廃棄します。
飛沫・粉塵感染防止
各診療室に、口腔外バキュームを設置しています。
個室での診療ですので、隣の患者様の治療時に出る粉塵を吸うことはありません。
術者はゴーグルを使用し、目からの感染を防止します。術者の感染を防止することは、術者から患者様への感染経路を断つために重要です。
空気感染防止
口腔外バキュームで粉塵感染を防ぎます。
バイ菌・血液・削りカス
強力吸引
歯を削る時は、口の中のバイ菌や削りカスが粉塵として空気中に舞い上がります。舞い上がった粉塵は他の患者様も吸う事になります。(粉塵感染)
 
当院ではこの感染を防ぐため、粉塵を吸い取ってしまう強力な口腔外バキューム装置を採用しています。
 
安全・クリーンな診療をお約束致します。
くらのうえ市丸歯科・歯科治療における院内感染対策宣言
2014年5月18日の読売新聞にて、約7割の歯科医院において、切削器具の滅菌がされずに使い回しされているというショッキングな報道が掲載されました。このような歯科医院における院内感染対策の不徹底は、残念ながら事実であり、B型肝炎等の感染が、日常の歯科治療で起こっている恐れがあります。当院では、御来院いただいている患者様をお守りするために、2000年の開院当初から科学的根拠に基づいた院内感染対策を徹底してきました。 
 
また、当院にとどまらず、歯科医療全体のために、医療関係者に対して、日本の院内感染対策について問題提起をしてきました。しかしながら、対策が進んでいないのが現状です。 主な原因として、歯科治療の低診療報酬、厚生労働省を中心とした行政の監督不行き届き、院内感染に対する法律の不整備、歯科医療従事者の認識やモラルの低さが考えられます
 
そこで、くらのうえ市丸歯科では、当院のみならず、日本の歯科医院すべての患者様が、安心して安全な歯科治療を受けることができるように以下のことをここに宣言いたします。
くらのうえ市丸歯科では、2000年の開院当初から徹底している「科学的根拠に基づく院内感染対策」を今後も継続・充実していく。
くらのうえ市丸歯科では、院内感染対策の1つとして、切削器具を含むすべての器材・機器の滅菌・消毒を継続して行う。
くらのうえ市丸歯科では、定期的な院内研修会を行い、すべてのスタッフが、科学的根拠に基づいた院内感染対策に対する知識をもって歯科治療に従事する。
日本の歯科医院における院内感染対策が円滑に進むよう、歯科医療人の認識、知識の向上に最大限努める。
日本の歯科における院内感染対策の現状や院内感染を疑う事例を徹底して調査、公表するように、歯科関係団体ならびに行政に強く提言する。
日本の院内感染対策に対する法律の整備を行うよう歯科関係団体ならびに行政に強く提言する。
日本のすべての歯科医院において永続的に院内感染対策が行えるように、感染対策に必要なコストを診療報酬に反映させるように厚生労働省に強く提言する。
2014年7月1日
(医)くらのうえ市丸歯科 新鳥栖・インプラント歯周病センター
院長 市丸英二・スタッフ一同
-このページ上へ-
Copyright(C) ICHIMARU DENTAL OFFICE KURANOUE All Rights Reserved.
TOP | 医院案内 | 私たちの想い | インプラント | 歯周病治療 | 予防歯科 | 咬合育成 | 訪問歯科診療 | 滅菌・消毒 | スタッフ紹介 | 活動報告 | 求人情報 | お問合せ
医療法人 くらのうえ市丸歯科 
新鳥栖インプラント歯周病センター
〒841-0056 佐賀県鳥栖市蔵上2丁目187番地